美味しいものを食べているときが、無上の幸せ時間v
食べ道楽OLがおすすめする、美味しいものリスト☆
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

           

一定期間更新がないため広告を表示しています



- / -

先日お伺いした、デミ姐さんの「デミ姐屋」

無農薬のお野菜たちが、イキイキ、イキイキとした表情で
しかもお手ごろ価格で並ぶそこは

まさに天国と書いてパラダイス


葉物野菜に根菜、お米やお豆、卵、
皮まで食べられる蜜柑まで

いつでも連れて帰ってねとばかりに
にこにこ、幸せそうな笑顔を見せてくれています


そんなお店の中、奥の方にさりげなく置かれた
「どら焼き」

これが実は、デミ姐さん一押しのどら焼きだそうでございます。



「このお豆があんまり美味しいものだから、
 豆の食感を残して餡を作って、ってお願いして
 作ったどら焼きなのよ」

という、
福白金時というお豆を使った餡は、ほんのり透明感があり。

お店の説明に
 『十勝で栽培された福白金時を
贅沢に使い、
 豆の食感を残した餡を しっとり生地にはさんだ
 高級感あふれるどら焼き。
 材料の配分に研究を重ね、
 さらに福白金時豆のおいしさを
 より際立たせたどら焼きになりました。


とあるように、

一口食べると福白金時の食感が何とも言えず心地良い。


「これこれ、この豆の食感!!」
と、思わず

側にいる人に言いたくなってしまう、主役を張る福白金時の餡。


生地は、そんな餡とのバランスを考えられて、
すこし、甘さをおさえた味。

ふんわりしすぎず、絶妙なしっとり感の
餡の食感にも負けない弾力感。


店頭に立つデミ姐さん曰く
「やっぱり、美味しさって、作る人によるよね」

それはいつか、
りせんのご主人に聴いた言葉にも通じるもの。


そんなデミ姐さんの思いは、
デミ姐屋のホームページでも
垣間見ることができます。(以下抜粋)

野菜だけでなく、同じ商品でも作る人の思いによって
 味に大きな違いがあることを知ってしまってから、
 
中途半端なお金の使い方をやめた。
 ホンモノを求め、それをひとりでも多くの人に
 紹介することを天命と感じて西へ東へと奔走する日々」


中途半端なお金の使い方!

まさに、これなのではないでしょうか。


ここにも書いているのですが

お金を使う意味、って、
私たちが何かを買うときにお金を払うということには、

単に「欲しいものを手に入れる」 ということ以外にもう一つ

「それを作った人たち、それを作ったシステムを応援する」
という意味があるのですよね。


例えばコストはかかるけれど、食べる人のことを考えて
無農薬で化学肥料を使わないとか、動物性飼料を使わないとか

そういった方法でお野菜などを育てている方を応援したかったら
または、そういう方が増えていったらいいなと思うのならば

そういうものに喜んでお金を払ったら良いのですよね


常には難しくても、少しずつでも、できる範囲からでも

ああ、これにお金を払ってよかった!

と、心から思えるお金の使い方。

を、増やしていきたいですね


このどら焼きの他にも、アレルギーっ子対応の
美味しいクッキーもありました。
(食べてしまったもので、写真がなくて…すみません)

お近くにお越しの際は、
ぜひ一度、足を運んでみてください。



**********
こだわり食材。デミ姐屋
  http://demineiya.com/
++++++++++
食のセレクトショップ


JUGEMテーマ:名物グルメ
 


Sweets・関西 / comments(0)


- / -
comment


コメントする



Search this site
ザ・シークレット 誕生日大全 なんでもオードヴル ピンチョス―楽しい、おいしい、新しいスペインのフィンガーフード 広島とっても上等なランチ