美味しいものを食べているときが、無上の幸せ時間v
食べ道楽OLがおすすめする、美味しいものリスト☆
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

           

一定期間更新がないため広告を表示しています



- / -


長らく更新が開いてしまいました。
更新したいものがたくさんあるのですが、とりあえず順を追いまして。。。


今回は、実はずっとご紹介したかった
世田谷のイタリアンのお店 「Tu Sei Grande」 を掘り下げて、

その秘密を公開しちゃいます☆
ちょっと長いですけれど、よろしかったら、読んでみてくださいね(*^^*)


さてさて、以前ご紹介した「りせん」では、お豆腐や焼きいなり、おからなどの他にも
『りせんのフェトチーネ』 (今は名前が変わっているかも?) という
元お蕎麦屋さんのおじいちゃんが作られた、うどんの麺も売っています。

この 『りせんのフェトチーネ』 がまた、美味しい!
なめらかで、舌ざわりがとっても気持ちいいのですv

「気持ちいい」 って言うと、何だか不思議な表現ですが、
私にはこれが一番しっくりくる表現です ☆


先日、りせんにお伺いしたときに、このフェトチーネをいただきました。
 (ありがとうございますv)

ところが、私は普段 ローフード&リビングフード生活をしているので
うちに 「火」 と呼べるものがないのです*
 IH調理器はあるのですが、電磁波嫌いなので、あまり使いたくないし。。。


というわけで、一度このページでもご紹介した 「Tu Sei Grande」 さんにお邪魔して
「この麺で、パスタ(じゃないですけど) 作ってください!」 って
お持ち込みお願いしてしまいました。

「良いですよ!」 と、気持ち良い笑顔で応えてくださる堤シェフ。
快くお受けくださいました(*^^*)


上の写真は、つきだしでいただいた、鯛の松皮造り。
久しぶりにいただきました!
このシンプルさが、贅沢ですよね。
伊でありながらも、和の心ですねぇ。。。v


ところでこの頃、完全にお肉断ちをしていた私。 (お魚はOKでした)
この日はメニューをまったく見なかったので、
これらは、シェフが私の希望に応えてくださったメニューたちです。


これは、人参とサーモンのサラダ。
超私好みのお料理です〜v

Tu Sei Grandeのサーモンが、これがまた美味しいんですよぅ。。。(*>ω<
普通のサーモンじゃなくて、特別な何かを使われているそうです。
 (ご説明いただいたのに、今、メモが見当たらなくて、すみません;)

人参の甘みもGOODv
ケイパーが、ちょうど良い味のアクセントになっています。



そして、りせんのフェトチーネを使った、いろいろお野菜のパスタ。(パスタじゃないですけど☆)

とっても優しいお味。 そして、フェトチーネのこしと、なめらかさも素晴らしい。
もう、声も出なくなるくらい美味しくて幸せで
目の前のお料理に没頭しちゃう感じでした。

超幸せな時間です。

調味料も材料も、動物性のものを一切使わずに作られた、完全ヴィーガン仕様v
これ、私が希望を言ったわけじゃないのですよ。
すべて、シェフのご厚意&アレンジです。
堤シェフ、ほんとにほんとに最高です〜v


こんな素晴らしいお店が近くにあることの幸せったらv



そしてドルチェは、パッションフルーツのムース。(だったと思います(^^ゞ)

ドルチェも最高に美味しいですv
このドルチェにも、シェフのお料理にかける愛情の秘密があるのですよ〜☆
 (詳しくは、後述)


それからいつもフロアで、人懐こいような、素敵な笑顔を振りまいてくださる
阿部さんが淹れてくださったカプチーノをいただきつつ。。。



普段あまりたくさんはお話できませんが
「Tu Sei Grande」の堤シェフのお話を聴いていると、
シェフがお料理にかける想いと、お店に来られるお客様へのお心遣いが
とってもよく感じられます。


シェフが言われていたことを、こっそり書いてしまいますと

ひとつは、「人を見て作る」 ということ。
ひとつは、「お料理をいかにして、いただいてもらうか」 ということ。


これじゃよく分からないと思いますので、詳しく書きますね。


「人を見て作る」 というのは、お客様を見て、お料理を作られるということ。
Tu Sei Grandeは、オープンキッチンのお店です。
だから、お料理をしていても、シェフからお客様を見ることができます。

お店にいらした方が、どんな方か、どんな感じかを見て
その方の好みを考えられるそうです。
「こういうのは好きかな」 「こんな感じのものはどうだろう」 みたいな感じに。


厨房の奥で、とっても、お客様のことを想っていらっしゃるのです。
お客様への愛と、お料理への愛。

手元を見ながら、フロアを見ながら、
人と空気を読まれて、お料理を作られる。
作る、じゃないですね、それは多分 「創る」 なのだと思います。


そして 「いかにしてお料理をいただいてもらうか」 というのは、
「どうしたらお客様に、そのお料理を最大限の美味しさで、味わっていただけるか」 ということ。


お皿に乗っているものには、全て何らかの理由があります。
お料理に使われているものはもちろんのこと、
それは例えば、お皿にそっと添えられた一枚の花びらでも、そう。

解りやすい例で言えば、ケーキに乗せられたミントの葉。
横に除けて、残される方、結構いらっしゃるかと思います。
 (もちろん、好き嫌いがありますので、それがどうということではなくて
  そこにミントの葉がある意味、としてのお話です☆)

でもそれを除けられるのは、仕方がないことなのです。
そこで考えるのが、堤シェフなのです。
例えば 「どうしたら、ミントの葉を除けずにいただいてもらえるかな?」 と。

除けてしまうのが避けられないなら、除けてしまえないように、
お料理の一部として取り込んでみよう。

そして結果、ミントの葉は、ドルチェの中にさりげなく紛れ込みます。
紛れ込んだミントの葉なら、いただく方はわざわざ除けようとは思いません。

最終的に、お客様はそこにミントがある意味を、知らず知らずのうちに
感じることができるのですv


どうですか?
素晴らしいと思いませんか!?(*>▽<)
私は思います!!

この情熱、愛情、
本当に、お料理とそれをいただく方のことを考えていらっしゃらなかったら
出てこないことだと思います。


堤シェフはまだお若いですし、駒沢公園の周りだけでも美味しいお店はたくさんあります。

でも、綺麗で心地の良い空間で、美味しいお料理をいただける上に
気取った雰囲気ではなくて、自然体でくつろげる
そんな素敵なお店がここ 「Tu Sei Grande」 なのです。

スタッフの方々も、皆さん、とってもきさくで楽しくて
たくさんの知識を持たれていて
本当に素晴らしい方たちです。

よかったら、足を運んでみてくださいねv

**********
Tu Sei Grande
  東京都世田谷区駒沢4-12-22
  TEL:03-6325-2651
  http://www.4foglie.jp/
++++++++++
イタリアン


JUGEMテーマ:名物グルメ


おそとごはん・関東 / comments(0)


- / -
comment


コメントする



Search this site
ザ・シークレット 誕生日大全 なんでもオードヴル ピンチョス―楽しい、おいしい、新しいスペインのフィンガーフード 広島とっても上等なランチ