美味しいものを食べているときが、無上の幸せ時間v
食べ道楽OLがおすすめする、美味しいものリスト☆
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

           

一定期間更新がないため広告を表示しています



- / -


 「豆でも何でも、大切なのは、それを作る人の 心 なんですよね」

東京は目黒にある おとうふ処 『りせん』 のご主人は、
先代からののれんを引き継いだお豆腐やさん。

 「大豆は土のもの、にがりは海のもの。
  大地と海をどうやって、どれだけ綺麗に調和させるか。
  それが私の仕事なんです」


美味しいお豆腐を作りたくて、世界中、手に入れられるだけの大豆を
手に入れては食べ比べ、そして日本の大豆も 同じように食べ比べ。

最終的に行き着いたのが、冒頭の台詞。
大豆を作る人が、いかに心を込めて作るかで、美味しさが変わる、と。

おとうふを作ることにも、とっても真剣。
全国のお豆腐やさんをまわって、見せてもらえるだけのお豆腐の作り方を
見せてもらったそう。

それは、今でも続いているようで、つい先日は広島の県北まで出向いてきたそうです。


 「おとうふを作るとき、出る泡を消すために、普通は消泡剤というのを使います。
  これを使わずにおとうふを作るのは、とても難しい。

  おとうふ作りを教えてくださる専門家の方が、まず無理だから、という。
  消泡剤を使っても、十分に美味しいおとうふはできるから
  それを使ってつくってください、と言われるのです。

  でも、私たち(ご夫婦です)は、消泡剤を使ったおとうふの味と
  使わなかったおとうふの味を知っています。
  そして、使わないおとうふのほうが好きだから、使わないのです」


そんなご主人から生み出されるおとうふは
ほんのり甘くて そして濃厚。

一口いただくごとに、改めて、その美味しさを認識しては
やっぱり美味しい v と幸せ気分になってしまいます。



「おとうふだけでも美味しいですね、本当に、何もいらないです!」

と言いながら食べていた私に、ご主人が

「お塩をかけて食べても美味しいですよ」

と一言。
おすすめに従って、お塩をかけていただいて、びっくり。


みなさん、すいかを思い出してください。
今が旬のあれ、西瓜です。

西瓜にお塩をふると、甘さが引き立って、ひときわ美味しく感じられますよね。
私、すいか大好きで、お塩をふっていただくのも格別好きなのですが(*^^*)

その、すいかと同じなんですよ。

おとうふの甘みが、引き立つんです。
びっくりです。


ぜひ、お塩をかけても食べていただきたい、
りせんのおとうふ。


そして。
りせんの美味しさは、おとうふだけではありません。


まず、豆乳。

ご主人が5年かけて作り上げたという、無農薬、無添加の豆乳は
もう本当に優しい味。

ぜんぜんえぐみがなくて
とっても柔らかくて

わざとらしくないというか。


もうとにかく飲んでほしいです。
私の乏しい表現能力では、限界がありまくりでもどかしいです(><、


そして、影の人気者、焼きいなり。 (TOP画像)

肉厚で ジューシーな厚揚げに (ほんとに肉厚。たまりません。もうですね、ぷりっぷり!(>▽<*))
中は良い具合に味がついた、3種類のご飯。
 ・鶏ごぼう
 ・ちらし
 ・五穀米
  (一番人気は、鶏ごぼうだそうです)

あげのお出汁がしみこんで、
ますます旨味をあげたご飯と

そうか、おいなりさんの主役は
中のご飯じゃなくてあげだったのかと

思わず気づかされてしまうくらいの
あげの美味しさが

もうほんとに、ほんとに、ほんとーーに、
たまらなく美味しくて、美味しくて、超幸せになれます。

ちなみに2つで600円と少々お値段が張るのですが
それ以上の価値があるって、いただいてみて解りました。


このいなり、
おいなりさんにあげたら

きっと美味しすぎてきつねさんの細い目も
まん丸になっちゃうんじゃないかなぁ

なんて
しょうもないことを考えつつ


それでも意識は目の前の
美味しいあげにつられてしまいます。


やっぱり主役のあげ

いや、もう、これは
お送りできないのがもどかしい。。。

ぜひ、ご飯の専門家とコラボして
世界一美味しい、おいなりさんを
作っていただきたいと思ってしまったりして。
 (そしてもちろんそれをいただきたい v)


そしてこの日は偶然に
久々に出したという豆乳クリームコロッケの最後の一つが店頭にあり

これも豆乳と同じで、
なんともいえず優しくて柔らかで
心地よい味。


普段、揚げものは いただかない私なのですが
いただいても必ずといって良いほど、やめておけばよかった、、、と後悔するのですが
 (作りおきの揚げものは特に、まずいただきません。汗;)

このコロッケには、
思わず癒やされてしまいました。。。(ほんとに)


例え食べ過ぎても
本当に美味しいものだったら

後悔どころか幸せ感で満たされるんだなぁ、なんて

そんなことに気付いてしまった、初夏の夕暮れでした☆


※おまけ※
お蕎麦屋さん出のおじいちゃんが作られるという、
「りせんのフェトチーネ」も、
とってももちもち、すごくおいしいです v


**********
おとうふ処 りせん
  東京都目黒区原町1-6-11
  TEL/FAX: 03-3715-5508
  ※おとうふ、豆乳は、地方発送も可能ですv
++++++++++
おとうふ

JUGEMテーマ:名物グルメ   広島ブログ


東京 その他 / comments(2)
1/1PAGES
Search this site
ザ・シークレット 誕生日大全 なんでもオードヴル ピンチョス―楽しい、おいしい、新しいスペインのフィンガーフード 広島とっても上等なランチ